伊藤塾のファーストトラックシリーズとステップアップシリーズ等の違いについて


質問をいただきましたので私見についてお答えしたいと思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※ 
伊藤真新ステップアップシリーズはだいぶ古いようですが今でも使えますでしょうか?
※※※※※※※※※※※※※※※※ 
連投すいません
使えるならば伊藤真のファーストトラックシリーズとステップアップシリーズはどちらが良いでしょう
※※※※※※※※※※※※※※※※


まず「●「伊藤真新ステップアップシリーズ」と「伊藤真の○○入門」シリーズの違いについて」という記事の内容と若干かぶってしまう部分もあるので,そちらの記事も参考にしていただければと思います。

「ファーストトラックシリーズ」は「伊藤真の○○入門」をより詳しくしたような内容で,予備校本の幹の部分を分かりやすくまとめたような内容になっています。

他方「ステップアップシリーズ」は,主に論点(条文の解釈などが必要となる問題点)の考え方を中心に記載した内容で,「ファーストトラックシリーズ」よりも若干難易度が高めになっています。


整理すると


  • ●「伊藤真の○○入門」

⇒ 一番シンプルで分かりやすく,基本中の基本が記載されている。

何回か読めば十分で,司法試験の勉強の最後まで使える訳ではない。


  • ●「ファーストトラックシリーズ」

⇒ 「伊藤真の○○入門」よりも若干難易度が高めだが,初学者でも十分に読むことが出来る。

こちらも何回か読めば十分で,司法試験の勉強の最後まで使える訳ではない。



  • ●「ステップアップシリーズ」

⇒司法試験・予備試験で問われる可能性の高い基本的な論点を中心にシンプルな解説がなされているので,初学者には難易度が高め。使うのであれば,「伊藤真の○○入門」か「ファーストトラックシリーズ」を読んだ後のほうが良い。

また司法試験・予備試験の直前期の復習の際に,基本的知識に穴がないか確認するのにも使える。

(司法試験・予備試験で「ステップアップシリーズ」に書いてあるような知識に穴があると,論文式試験で大失敗をする可能性が大きいので。)

比較的古い本ですが,基本的な知識や基本的な論点にそれ程の変化はないので,基本書や予備校本と組み合わせれば今でも十分に使える本です。








という感じです。




  • ●まとめ

なので,全くの初学者であれば「伊藤真の○○入門」か「ファーストトラックシリーズ」をおすすめします。

入門書をすでにマスターした人や,論文式試験の問題集などを回していて論点をきちんと理解したい人,司法試験・予備試験の直前期に基本的知識に穴がないか確認したい人,初学者だけど入門書を何冊も買いたくない人(最後まで使える本が欲しい人)には「ステップアップシリーズ」をおすすめします。



【アクセスの多い記事】
司法試験の勉強方法,おすすめの参考書や問題集(総論)
民法の勉強方法とおすすめの民法の基本書や参考書など(その1)
民法の勉強方法とおすすめの民法の基本書や参考書など(その2)
刑法の勉強方法とおすすめの刑法の基本書や参考書など
憲法の勉強方法とおすすめの憲法の基本書や参考書など
会社法・商法の勉強方法とおすすめの商法・会社法の基本書や参考書など
民事訴訟法の勉強方法とおすすめの民事訴訟法の基本書や参考書など
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


Comments(0) |  │   (19:26)