2018年06月

2018年06月22日

伊藤塾試験対策問題集 論文 」 と 「 伊藤塾試験対策問題集 予備試験論文 」 の使い分け,及び論文式試験の対策法について質問をいただきましたので,「もし私だったら」という観点でお話したいと思います。

(最近仕事が忙しかったため,遅くなってしまいすみません。)


私が受験生の時には予備試験制度がなく「試験対策問題集 論文」しかなかったため,「試験対策問題集 論文」と「試験対策問題集 予備試験論文」の使い分けについては「今から予備試験を受験するとすれば」という仮定の話になりますが,個人的には比較的時間に余裕がある場合には「試験対策問題集 論文」,時間があまりない場合には「試験対策問題集 予備試験論文」を使うと思います。


具体的には,おおまかに以下のような順番で勉強を進めると思います。

( 「 試験対策問題集 予備試験論文 」 と 「 試験対策問題集 論文 」は名前が紛らわしいので,以下「試験対策問題集 論文」については「試験対策問題集 司法試験論文」とします。)


【時間的に比較的余裕がある場合(2年後以降の受験を考えている場合)】

(1) 「 試験対策問題集 司法試験論文 」のAランク問題を読み,写経したり音読したりして参考答案と同じような答案を書けるように訓練する。

(2)「試験対策問題集 司法試験論文」のBランクとCランクの問題を何回か読む。余裕があれば,参考答案と同じような答案を書けるように訓練する。

(3)法律実務基礎科目対策として, 「伊藤塾試験対策問題集 予備試験論文」 の 「 刑事実務基礎 」と 「 民事実務基礎 」を何回か読む。

(4)少なくとも過去5年分程度の予備試験の論文式試験の過去問を実際に解いて答案を作成し,辰巳法律研究所の 「 司法試験予備試験 論文本試験 科目別・A答案再現&ぶんせき本 」を読んで,自分の書いた答案の良い箇所,ダメな箇所をピックアップする作業を繰り返す。(この時に「試験対策問題集 予備試験論文」を持っていれば,「試験対策問題集 予備試験論文」の過去問の答案も参考にする。)

(5)(4)と平行して,予備校の答練を受け,復習をする。

(6)時間的に余裕があれば,司法試験の過去問にも目を通しておく。

(7)さらに時間的に余裕があれば,「試験対策問題集 予備試験論文」の問題をやる(おそらくここまで時間がある人はいないと思いますが。)。



【時間的に余裕がない場合(1年後の受験を考えている場合)】

(1) 「 試験対策問題集 予備試験論文 」を何回か読む。

(2)法律実務基礎科目対策として, 「 伊藤塾試験対策問題集 予備試験論文」の 「 刑事実務基礎 」 と「 民事実務基礎 」を何回か読む。

(3)少なくとも過去5年分程度の予備試験の論文式試験の過去問を実際に解いて答案を作成し(最初はまともな答案が書けなくても気にしない),辰巳法律研究所の 「 司法試験予備試験 論文本試験 科目別・A答案再現&ぶんせき本 」を読んで,自分の書いた答案の良い箇所,ダメな箇所をピックアップする作業を繰り返す。(この時に「試験対策問題集 予備試験論文」の過去問の答案も参考にする。)

(4)(3)と平行して,予備校の答練を受けて,復習をする。

(5)知識の穴は短答式試験対策で埋めるつもりで,短答式試験の勉強を真面目にやる。

(6)民法,刑法,民事訴訟法,刑事訴訟法について論文プロパーの基本的な知識に不安を感じたら,伊藤塾の 「 伊藤真新ステップアップシリーズ 」 を読んで知識に穴や不十分な点がないか確認し,穴等があれば補充する。



「試験対策問題集 司法試験論文」は司法試験のために作られた問題集であり,問題数も比較的充実していますので,主要論点のほとんどが網羅されています。

予備試験受験生も,最終的には司法試験に合格することを目標にしますから,時間的に余裕があるのであれば最初から「試験対策問題集 司法試験論文」を使ったほうが,司法試験合格までのトータルで見た場合の効率は良いと思います。



他方,「試験対策問題集 予備試験論文」は,問題数が少なめでコンパクトであることと,予備試験の形式に特化した問題や予備試験の過去問が掲載されている点が特徴です。

そのため,時間的に余裕がない切羽詰まった予備試験受験生にとっては,「試験対策問題集 司法試験論文」ではなく「試験対策問題集 予備試験論文」を使いつつ,知識の穴を短答式試験対策や予備校の答練で埋めていくという方法のほうが時間切れを起こすリスクが少ないと思います。

ただ,この場合には予備試験に合格した後に演習不足を補うために別途「試験対策問題集 司法試験論文」をこなすか,司法試験予備校の答練を複数受験する等の工夫が必要になると思います。




なお,私の同級生を見ると,「もともと勉強は出来る人ではないけど,あっさりと論文式試験に合格した」グループと,「法科大学院の成績がトップクラスで周りから優秀と言われているにもかかわらず,何故か論文式試験に落ちてしまう」グループがありました。

「もともと勉強は出来る人ではないけど,あっさりと論文式試験に合格した」グループは,論文式試験の問題集,予備校の論文答練,論文式試験の過去問を勉強の軸にしている人が多かったです。

他方,「周りから優秀と言われているにもかかわらず,論文式試験に落ちてしまう」グループは,論文式試験の問題集,予備校の論文答練,論文式試験の過去問を勉強をおそろかにしている人が多かったです。

司法試験や予備試験の論文式試験は,最低限の知識は必要ですが,短答式試験にそこそこ点数で合格するくらいの知識と,論文プロパーと呼ばれる論文式試験に良くでる基本的な知識(論文式の問題集,答練,論文過去問で良く問われる知識)があれば,後は論文式試験の考え方や,解き方をマスターしていくことで,合格点を取ることが出来るようになっています。

スポーツの本を読んでも,それだけではなかなか上手くならないけれども,実際にスポーツをやっているとスポーツが上手くなっていくのと同じような感じです。

ですから,短期合格を目指す方は,多くの問題に触れて,論文式試験の考え方,解き方に慣れるとともに,基本的な論文プロパーの知識を正確に書けるように訓練しておくと,合格に近づけると思います。



Comments(1) |  │   (11:19)

ギャラリー
  • ライブドアブログ