質問をいただきましたので、私見についてお答えしたいと思います。

――――――――――――――――――――――――――
行政法の予備ではないシケタイ問題集は10年前の発行ですが、今の時代にこれは使えるのでしょうか?
代わりに、物としては大変価値があるらしい「事例研究行政法第3版」を購入したら、答えがないので失敗した感じです。はしがきに書いてあるように、わかってくると答えを推測する事が出来るようになりますが、「分からないから問題集を解いているんだ」と思いますから答えがあったほうが絶対に使えると思います。
余計なことも書きましたが、気になるのは「10年前の問題集は今でも使えるのか」という事です。
予備論文やえんしゅう本等の他を買えば良いと言われればそれまでですが、LECのも古いのです。
――――――――――――――――――――――――――

伊藤塾の書籍は良書が多いのですが、改訂をなかなかしないという特徴があります。

そのため、問題集にせよ、入門書にせよ、他の予備校本などの比べて古くなっていく、ということが良くあります。

「行政法の予備ではないシケタイ問題集は10年前の発行ですが、今の時代にこれは使えるのでしょうか?」という点については、私がもし現時点でこれから司法試験の勉強を始めるという立場だった場合には、やはり「伊藤塾試験対策問題集」を使うと思います。

その理由は、これまでの記事でも書いているとおり「伊藤塾試験対策問題集」は答案の質が比較的良いのと、本当に重要な部分をコンパクトに勉強できるからです。


ただ、ご指摘のとおり「伊藤塾試験対策問題集」の出版年が古いため、注意すべき点もあります。

主に注意すべき点は行政不服審査法の改正があったという点ですが、行政不服審査法の改正の内容については新しい基本書や予備校本を読めば書いてありますし、Googleで検索すれば改正の内容を分かりやすく説明しているサイトは沢山ありますから、そちらを参考にすれば良いと思います。

その他、新しい判例については、答練をこなしたり、(予備試験受験生の場合には)短答式の勉強をしているうちに、新しい判例の知識が身についていくはずですので、そこまで心配する必要はないんじゃないかと思います。



なお、私の勉強法の中での「伊藤塾試験対策問題集」の立ち位置は、あくまで基本的な答案の書き方を学ぶという点と、特に重要な論点を知るということが主な点なので、読みやすくてコンパクトに使えれば、どの問題集でも良いと思います。

私の同級生が使っていた問題集も、伊藤塾のものだったり、辰巳のものだったり、早稲田セミナーのものだったりと様々でした。

もし私が「伊藤塾試験対策問題集」以外の本を使うとすれば、辰已法律研究所の「えんしゅう本」を使うと思いますが(実際に受験生の時は「えんしゅう本」も持っていました。)、個人的には「えんしゅう本」の答案は、良いものと、そうでないものの落差が激しく、あまり好きではありません。

とはいえ、「えんしゅう本」の答案も、真似をしたら不合格になるというものではなく、「えんしゅう本」を使って合格することは当然可能ですので、結局は2冊を見比べてみて好みで選べば良いと思います。

私が受験生の時は、色々な問題集に手を出して途中で辞めて、また別の問題集に手を出して・・・と時間をロスしたこともあり、最終的に「伊藤塾試験対策問題集」が使い勝手が良かったため、それならば最初から「伊藤塾試験対策問題集」を使えば良かったな・・・と思ったということです。


結局いただいたコメントと同じような内容になってしまいますが、結論としては

・私だったら今でも「伊藤塾試験対策問題集」をメインで使う

・「伊藤塾試験対策問題集」の古さが気になるなら「えんしゅう本」など他の問題集を使ってみる

ということです。


司法試験の勉強の中では、どういう勉強方法が自分に合うか色々と試行錯誤してみることも大事ですので、迷った場合には、取りあえず「えい」と決めてやってみて、合わなかったらすっぱりと軌道修正をしていくというほうが、ずっと悩んでいるよりも効率は良いと思います。

また不明な点があれば質問してください。


【アクセスの多い記事】
司法試験の勉強方法,おすすめの参考書や問題集(総論)
民法の勉強方法とおすすめの民法の基本書や参考書など(その1)
民法の勉強方法とおすすめの民法の基本書や参考書など(その2)
刑法の勉強方法とおすすめの刑法の基本書や参考書など
憲法の勉強方法とおすすめの憲法の基本書や参考書など
会社法・商法の勉強方法とおすすめの商法・会社法の基本書や参考書など
民事訴訟法の勉強方法とおすすめの民事訴訟法の基本書や参考書など
刑事訴訟法の勉強方法とおすすめの刑事訴訟法の基本書や参考書など
行政法の勉強方法とおすすめの行政法の基本書や参考書など
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////